tel:079-237-1431

相続で収益物件を相続したけど、有効活用が分からない方は「あやめ不動産」

前回の記事では納税猶予制度の概要から活用事例を一部ご紹介しました。

今回の記事では、納税猶予制度を適切に活用することで、土地オーナー様のメリットや注意点をお知らせします

主なメリットは以下の通りです。

◇納税猶予活用のメリット

一時的な納税負担の軽減

相続税や贈与税の納付を最長20年間猶予できることから、一時的な納税負担が大幅に軽減されます。

資金の重荷から解放され、事業の継続や土地の有効活用に注力できます。

特に高額な不動産を相続した場合、猶予がなければ多額の一時払いが必要となり、資金繰りが極端に悪化する可能性が・・・

計画的な資金準備が可能 猶予期間中に収益事業等から徐々に納税資金を準備できるため、納税負担が分散されます。

一時払いによる多額の一括支払いリスクを回避できます。

さらに、猶予期間満了後も分納制度を利用できるため、より長期の資金計画が立てやすくなります。

事業の継続と承継

納税猶予の適用要件として、相続した事業の継続が求められます。

制度を適切に活用することで、事業資産の円滑な承継と事業の安定的継続が可能になります。

特に中小企業においては、事業の永続性確保に大きく寄与し、事業資産の分散売却を避けられるメリットもあります。

有効な資産運用

納税猶予の適用を受けた土地や建物などを換金処分せずに保有し続けられます。

また制度上、収益活動への利用が義務付けられているため、賃貸や駐車場経営など資産の効率的な運用を図ることができます。

相続税対策としても有効 長期的な相続税対策の一環として有効に機能します。

親から子へ、代々にわたり資産を継承しやすくなり、資産の分散リスクを抑制できます。

納税猶予を繰り返し受けることで、中長期的な資産形成とスムーズな事業・資産承継を実現できます。

生前贈与の支援

贈与税の納税猶予も利用可能で、生前の事業承継や資産移転を円滑に行えます。

受贈者が事業を継続する際の負担を大幅に軽減できます。

このように納税猶予制度は一時的な納税負担の軽減だけでなく、事業の継続、資産の効率運用、相続対策、生前承継対策など

様々な面でメリットをもたらします。

しかし一方で、制度の適切な運用が重要となります。

相続などの相談・収益物件相談なら「あやめ不動産」

納税猶予の注意点

納税猶予は有用な制度ですが、一方で様々な注意点もあります。制度の要件を満たせなければ、猶予の適用が認められなかったり、中途で取り消される可能性があります。

主な注意点は以下の通りです。

適用要件の厳格な運用

納税猶予の適用には、納税資金確保計画の提出や納税猶予適用資産の適正利用など、様々な要件があります。

単に「将来納付する」といった曖昧な計画では適用されません。

具体的で実現可能な計画を示し、要件を真摯に満たす必要があります。

定期報告義務と国税当局のチェック

納税猶予適用後も、資産の利用状況と納税資金の確保状況を定期的(概ね1年に1回)に国税当局へ報告しなければなりません。

報告を怠ると、要件違反となる可能性があります。

国税当局による実地調査もあり、適正な運用が徹底して求められます。

資産の換価・譲渡の制限

納税猶予適用資産の売却や処分は原則禁止されています。

例外的に一部売却などが認められる場合もありますが、納税資金を確保できる範囲に限られます。

無秩序な換金は認められず、資産の適正な保有と運用が義務付けられています。

事業承継要件の遵守

相続税の納税猶予を受ける場合、被相続人の事業を引き継ぎ、継続する義務があります。

事業の中断や縮小があると、要件違反となり猶予が取り消される可能性があり、事業の永続的な継続が前提となります。

納税資金の確実な確保

猶予期間中に計画どおり納税資金を確保できなければ、最終的に一括納付を求められます。

納税能力がない場合は、担税力に応じた納税が認められる場合もありますが、資産の換価処分などが必要になる可能性があります。

確実な資金確保が不可欠です。

制度変更による影響

将来的に制度が変更された場合、新制度への切り替えや追加条件の設定がある可能性もあります。

逐次制度変更に留意し、必要に応じて計画の見直しを行う必要があります。

相続人間の合意形成 相続人が複数いる場合、納税猶予の適用や運用方針について、全員の合意を得ることが求められます。

計画策定時から相続人間での調整が必要不可欠です。

このように、納税猶予には細かな注意事項が多数あり、制度を適切に運用するためのリスク管理が欠かせません。

要件を意識的に違反すれば、重加算税などの懲罰規定の適用や猶予取り消しなどのリスクもあります。

メリットを最大限に享受するには、これらの注意点を十分に理解し、適正な運用を心がける必要があります。

土地活用は節税効果が期待できるだけでなく、収益も得ることができる運用方法です。


土地活用方法には様々な種類があって、それぞれに特徴があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。
最後に土地活用のポイントをもう一度振り返っておきましょう

  • 土地活用方法の種類には様々なものがある
  • 種類によってそれぞれ異なるメリットとデメリットがある
  • 王道以外の土地活用方法はニーズが限られるものもある
  • 土地活用に失敗しないためには自分が何を望んでいるのかハッキリさせることが大切
  • 収益性・安定性・初期投資額・節税対策を重視して選ぶ方法もある

以上のようなことをつかんでいくことで、あなた自身にピッタリの土地活用方法を選ぶことができるようになります。

現在土地を持て余してしまっている方は、ぜひこの機会に土地活用を検討してみてください。

土地活用・土地査定について相談したい場合は、農地の売却・有効活用の専門店 (株)あやめ不動産までお気軽にお問い合わせください

tel:079-237-1431